性病 予防

性病の予防や治療についての大切さ

私は訳あって風俗で働いていた時に淋病とクラミジアに感染したことがあります。
淋病やクラミジアは自覚症状がない人も多いので、最も罹りやすい性病です。主な症状は排尿時の違和感、痛み、性器の痒み、オリモノの臭いです。

 

クラミジアは性器だけでなく、喉にも感染する(咽頭クラミジア)ので、咽頭クラミジアに感染してる人に性器を舐められたり、ディープキスをされることで感染するので、ほかの性病と比べて感染しやすいです。

 

私は幸運にも症状があったので早期発見に至りました。
私が最初に違和感を感じたのは排尿時でした。少しの排尿痛と残尿感。最初は気のせいかなと思ってたんですがそのうちオリモノが臭うようになりこれはもしかしてと思い、レディースクリニックに検査を受けに行きました。初めてだったので緊張しました。

 

尿検査をし、内診代に乗り股を開けて膣に綿棒のようなものをいれて擦られました。恥ずかしかったですが、痛みはほとんどなかったです。そして待つこと1週間後、検査結果が出ました。

 

案の定、淋病とクラミジアに感染していました。
その時は本当にショックでした。これって治るの?不妊にならない?などといろんな思いが脳内に渦巻いてました。

 

治療法は処方された抗生物質を1週間飲み続けることでした。1週間飲み続けたあと再検査を受け、結果、完治しました。早期に発見すれば抗生物質を飲むだけで治ります。

 

クラミジアや淋病はほとんどの人が症状が現れず、知らずに放置して悪化したり不妊になったりして重症化するケースが多いです。クラミジアに感染してることでHIVの感染率も通常より数倍上がります。本当に恐ろしい病気なのです。

 

クラミジアや淋病は治療すれば完治しますが、HIVや性器ヘルペスなど未だに不治の病もあります。私が風俗を辞めたのは性病が原因です。

 

自分の体を大切にしろってことはそういうことだったんだと痛感しました。
風俗で働いてないから大丈夫という保証はどこにもありません。

 

性病は今や身近な病気になっていて、HIV感染者は少なからず年々増えています。しかもHIVは自覚症状がないです。

 

性病に感染しない為に、大事なのは予防と早期発見です。
性行為をする際はコンドームをしましょう。コンドームをつけることである程度感染を防ぐことが可能です。

 

不特定多数の人との性行為は控えましょう。
性行為の経験が一度でもある方は年に1度でも良いので検査を受けることをおすすめします。