結婚 ブライダルチェック

結婚を意識したらブライダルチェックを受けましょう

そろそろ結婚したいなと思う年齢に達したらブライダルチェックをする事をお勧めします。
女性には初期症状の出ないSTD(性病/性感染症)があるので、自覚症状のないまま生涯のパートナーとの性生活を送り、妊娠や出産に大きな影響を及ぼす事もあります。

 

まずは自己診断できます。
女性のSTDに主に起こる症状はおりものの異常、月経の異常、下腹部痛などがあげられます。いつもと違う質や色のおりものや異臭のするおりものなどはSTDのサインです。

 

また経血量が多かったり、月経時以外の不正出血などは子宮頸癌など重大な病気の初期症状であったりします。卵巣や子宮がある下腹部の痛みは女性特有のものですので、見逃す事もできません。月経痛がいつもより酷いなどのサインも見逃せません。

 

このような症状に一つでも思い当たる事があれば必ず婦人科での検診をするべきですが、症状は感じられないけど不安、婦人科へ行くのが恥ずかしいなどと思うのであれば、自宅で出来るブライダルチェックもあります。エイズやクラミジア、淋菌などの検査キットです。

 

STDは性器だけに感染するものではありません、喉などにもクラミジアや淋菌は感染します。それらもキットで検査可能です。

 

匿名でネットを通して検査が出来るので、婦人科に受診するのを躊躇する方にはお薦めです。ブライダルチェックが何故重要かと言うと、女性の場合、STDは妊娠や出産に大きく関係するからです。検査キットに関してはコチラも。検査ナビセンター | 病気と医療の最前線

 

例えば、クラミジアは子宮内膜炎や卵管炎などを引き起こし不妊や子宮外妊娠の原因になると言われています。感染者は増加傾向にあり、自覚症状がない女性が殆どです。

 

また感染したまま妊娠してしまうと、赤ちゃんにも感染し、生まれてきた赤ちゃんが肺炎などを患う危険もあります。このようなSTDを早期発見し治療する事が大事です。

 

薬の服用で完治する病気も多いので、結婚を意識する年齢に達したら躊躇わずにブライダルチェックする事は自分の為にも、生涯のパートナーの為にも、将来産まれて来る赤ちゃんの為にも必要な事だと思います。