検査ナビセンター

性病で最も感染者が多いクラミジアについて

性病と一言で言っても、多くの種類があります。淋病やHIV等が性病の一種です。
性病は、正しく統計をとることが難しいとされています。

 

医師

 

その理由は、性病に感染したことを恥ずかしく思い医療機関に行かない人が多いから。確かに、性病に感染したことを他人に知られるのは恥ずかしいですから仕方のないことです。

 

自然治癒で完治してしまうこともあるので、自分が性病に感染していると気づかない場合もあります。自然治癒してしまえばいいですが、放っておいて悪化してしまっては大変です。

 

そんな性病のなかでも、最も感染者が多いとされているのがクラミジアです。
特に10代から20代の若い世代に感染者が多いとされています。

 

クラミジアに感染すると、女性の場合あまり症状が出ることがありません。ですので、クラミジアに感染しているとは気づかずクラミジアを広めてしまうことが多いです。

 

症状が出ないなら安心、というわけではなく、クラミジアが腹空内にまで達してしまうと激しい痛みを引き起こします。クラミジアは気づかない内に感染し、症状は出にくく、突如として激しい痛みを引き起こす恐れのある恐ろしい性病と言えます。

 

また、男性が感染した場合には、尿道に軽い痒みや痛みが現れます。女性よりも、症状が出ることが多いですが、軽い痒みや痛みだと放置してしまうことが多いです。

 

女性と同じく、まさか自分がクラミジアに感染しているとは露知らず、他の人に感染させてしまう恐れがあります。そして、感染しているのにも関わらず放置していることで、前立腺炎等の病を引き起こす原因になってしまいます。

 

このように、クラミジアは感染に気づかず、他の人に移してしまう可能性が非常に高い性病です。それを防ぐためには、クラミジアをはじめとした性病に関する知識を深め、パートナーとの行為の後、気になる症状が起きた場合はすぐに医療機関に行きましょう。

 

症状が出ない可能性もあるので、症状が出ていないとしても心配なら医療機関に行くことをおすすめします。

 

性器カンジタ症に関して。検査キットなど

女性

性器カンジタ症は女性に多い病気です。
外陰部や膣がかゆい、無臭の白いクリーム状のおりものが大量に出る、ひどくなれば性器の内部が腫れて熱を持ち痛いなどの症状があります。

 

こうなると性交渉や排尿がつらくなり日常生活に支障をきたします。男性の場合はペニスにかゆみやただれができ、尿道炎を起こすこともあります。

 

性器カンジタ症は主に性交渉で感染しますが、原因となるカンジタ菌は生殖器だけでなく、口腔、食道、胃、腸、皮膚、膀胱、尿路、肺、気管、気管支、肝臓、腎臓、心臓、脾臓、膵臓、脳、前立腺など体のいたるところにあり性交渉以外でも発病します。

 

性交渉以外の原因は風邪、疲労、ストレスなどのために体の免疫力が落ちたときや、甘いものや炭水化物の過度の摂取、胃酸分泌不足、副腎疲労症候群、抗生物質や避妊用ピルの多用、妊娠などです。

 

ですから、性交渉のない幼児でもカンジタ菌が外陰部にふれ、そのとき免疫力が落ちていれば症状が出ます。ごく軽い症状であれば、本人もわからないうちに治癒している場合もありますが、感染の疑いがあるならば早めに医療機関を受診するべきです。

 

症状が軽いからといってほうっておくと重症になったり、また性交渉により他の人に感染させることもあるからです。治療は、飲み薬と塗り薬が処方され、1週間ほどで治ります。

 

忙しくて病院へ行けない、誰にも知られたくない、病院へ行くのに抵抗があるという人には郵送検査をお勧めします。郵送検査は簡単に誰でも匿名で受けることができ、2、3日後に検査結果を知ることができます。

 

検査キットは性感染症分野の郵送検査認定事業者をネットなどで検索して調べ、電話で申し込みます。検査キットを受け取った後は自宅で検体を取り返信用封筒にいれてポストに入れるだけです。

 

IDなどの匿名で検査してもらえるので名前は伏せられます。また、カンジタ症に限らず多種の性病・性感染症の検査が一度に受けられるキットもありますから、この際きちんと検査しようと思う人はそちらのキットを申し込むと良いです。性病検査キット徹底比較.net

 

検査の結果、陽性の判定がでたら、早急に医療機関を受診します。その場合、性交渉を持った人も感染の可能性がありますので、いっしょに検査、受診しなければなりません。

 

検査ナビまとめ

 

クラミジアやカンジタ症にかかわらず、エイズや淋病など様々な性病が身近に蔓延しております。感染や拡大を防ぐためにも、まず検査することが大切です。

 

体の変化や不調に気がついたらなば、すぐにお近くの医療機関で検査することをおすすめします。病気の予防は早期発見、早期治療になります。

 

 

 

更新履歴